カテゴリー「 月まとめ 」の記事

248件の投稿

今年読んだ本は139冊。多いように見えるけど去年と比べたら半分ぐらい。でも今年は小説多めだしカウント外の漫画もたくさん読んだからね。去年が多いのは「今読めるのはこれだから」ってビジネス書をアホみたいに読んでたからね。

今年の面白かった本10選

medium 霊媒探偵城塚翡翠 相沢 沙呼

ミステリ。霊媒師と推理小説家がコンビを組んで殺人事件を解決していく

有閑貴族エリオットの幽雅な事件簿(1)(2) 栗原ちひろ

これは幽霊が見える顔がいい男の話。
有閑貴族エリオットの幽雅な事件簿/栗原ちひろ colorful
有閑貴族エリオットの幽雅な事件簿2/栗原ちひろ colorful

金星特急・番外編 花を追う旅 嬉野君

続編が絶賛連載中の金星特急の番外編。金星特急よりは後、続・金星特急よりは前の話。
金星特急 番外編 花を追う旅/嬉野君 colorful

ぼくが13人の人生を生きるには身体がたりない。: 解離性同一性障害の非日常な日常/haru

解離性同一性障害の人(の別人格)についての本。とてもポジティブな方だった。レンタルなんもしない人のアカウントで知って、AbemaTVやTBS系列の番組にも出ておられたが去年(おそらく)自死された。twitterアカウントもnoteも消えており本書は数少ない残されてたものだ。
ぼくが13人の人生を生きるには身体が足りない 解離性同一性障害の非日常な日常/haru colorful

恋に至る病/斜線堂由紀

「ゲームの指示に従って進めていたら最終的に自殺してしまうゲーム」について。
恋に至る病/斜線堂有紀 colorful

わたしの美しい庭/凪良ゆう

生きにくさを抱えた人々の話、といういつもの凪良ゆう作品ではあるけど、イオンモールのフードコートでうっかり泣いてしまうぐらいには攻撃力の高い本だった。

わたしの美しい庭/凪良ゆう colorful

滅びの前のシャングリラ/凪良ゆう

1か月後、地球に小惑星が衝突して絶滅します。それまでの間、どうしますか? という家族の小説。

滅びの前のシャングリラ/凪良ゆう colorful
仕事本 わたしたちの緊急事態日記

緊急事態宣言下(2020年4月)の色んな職種の人の日記。エンタメ業界に身を置いている人は星野源「うちで踊ろう」に乗っかった安倍首相(当時)に言及することが他職種より圧倒的に多かった。

ようこそ紅葉坂萬年堂/神尾あるみ

今年は万年筆とインク沼界隈に飛び込んだ年だったので、わかるわーーと言いながら読んだ。
ようこそ紅葉坂萬年堂/神尾あるみ colorful

蟲愛づる姫君の婚姻/宮野美嘉

久しぶりに読んだ宮野美嘉ヒロインは変わらず宮野美嘉ヒロインしていてとても面白く既刊を一気読みしました。

面白かったマンガ

呪術廻戦/芥見下々

連載開始後しばらく読んで脱落→アニメスタートを機に再読するもやはり脱落→本誌でぱらっと見ると面白いなあということを話すと「貸すから読んでくれ」と言われてようやく面白さをつかみました。原作も面白いけどアニメはより絶望の色が濃いですね。

メダリスト/つるまいかだ

ユーリオンアイスがトップ選手を描いたものとしたらこれはこれからトップ選手になる少女の物語です。

ワンダンス/珈琲

吃音もちの男子高校生がダンスと出会って開花する感じのやつで、漫画だけど音がします。

麻実くんはガチ恋じゃない!/ひととせはるひ

舞台俳優とファンの話。2021年完結予定。

職場から遠征規制があったことと高リスクの家族がいるので今年は本州どころか県外にさえ出られませんでした。
県内の現地系イベントも全滅したので現地現場は0です。今年の現場は以下がすべてであとは全部おうちです。

配信ライブ

3/29ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- 5th LIVE@AbemaTV《SIX SHOTS UNTIL THE DOME》
7/31 GRANRODEO 15th ANNIVERSARY Startup Live 〜たかが15年〜
11/23#じょいまも応援上映会でキンブレ筋の衰えを感じる colorful
12/12 MAMORU MIYANO STUDIO LIVE 〜STREAMING! colorful

ライブビューイング&配信舞台

1/18 舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち colorful
9/22 shared TRUMPシリーズ音楽朗読劇『黒世界 〜リリーの永遠記憶探訪記、或いは、終わりなき繭期にまつわる寥々たる考察について〜』雨下の章 colorful
9/22 shared TRUMPシリーズ音楽朗読劇『黒世界 〜リリーの永遠記憶探訪記、或いは、終わりなき繭期にまつわる寥々たる考察について〜』日和の章 colorful

配信快適だ?っていう人もいるけどうちは何かと介助が必要な家族がいるので(頻繁に呼ばれるので)2時間画面に向かうっていうのがすごく難しい。配信はものすごく不向きなんですよ。だから刀ステ一挙上映の時は30分遅れでログインしていたし黒世界は絶対に邪魔の入らない環境で暗くして見たかったのでテレワークプラン利用してホテルでパソコンを借りてみてました。サンホラの配信も同じようにホテルか漫画喫茶で見ようと思います。

トーク系の配信

『大人だって読みたい! 少女小説ガイド』出版記念トーク
TONO&LIMS Space walk(インスタライブ)

映画

2/14 映画ヲタクに恋は難しい
3/8初恋
10/4小説の神様 君としか描けない物語 colorful
11/8 映画ギヴン colorful
11/20 羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来 colorful

映画は2019年ごろからコンスタントに(具体的には月1本ぐらい)新規作品を摂取したいということで原作が好きだとか好きな俳優が出ているからだとかで見てました。でも緊急事態宣言以降映画館閉まったし公開も延期になったり解除後も大型商業施設から足が遠のいていたので5作品6回でした。6回なのは羅小黒戦記を2回見たからです。

2021年の夢はライブハウスでビールを飲むことです。

今月読んだ本は19冊。

今月の面白かった本

12月はなんだかとても忙しかった。比較的リアタイしていたヒプアニも2週間分溜めていて、今月はほとんどアニメを摂取することなく終わった。

12月はWEBマガジン「はと文庫オンライン」をはじめました。〆切のある趣味が欲しかったので。
メールフォームをつけてないので仕事始めまでにつけます。

加藤シゲアキさん直木賞候補への選出おめでとうございます。
びっくりしたね。先日GRANRODEOのラジオでも「ジャニーズで直木賞候補になった」「シゲアキさん? 加藤シゲアキさん」と話に飛び出したり広がってるなあという感じです。

MAMORU MIYANO STUDIO LIVE ?STREAMING!があった。

久しぶりにフィギュアの試合を見ました。
NHK杯は見てたけどそれでもチャンネル権がなくちらちらとしか見られなかったので今季初戦に等しかった。フィギュアはいいものですね……。

あと3回目の履修1でようやく呪術廻戦の面白みが分かりました。

  1. 連載開始当初、アニメが始まってから、アニメが始まった後本誌をちらちらしてもう1回読んだ []

今月読んだ本は15冊(文庫5冊 新書1冊 単行本9冊)

今月の面白かった本

今月のこと

絵馬ちゃんのジャケが出ましたよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
歌姫方面情報も出たけど今回の似て非なる人は神社関係者なんですか? 新たな燃料がくべられた時のローランああでもないこうでもないって言っててそうよこれよ懐かしいわああって思った。
あと10月に爆撃に備えてLINEを再インストールしたんですが、ヴァニスタリマスタの時に市蔵からLINEが届いて本懐を得たわ。Noelの不在を匂わせるこの不穏さ加減たまらん。LINE入れてよかった。

あとたくさんアニメを見ています。やはりあの量はさばけなかったので、ヒプアニと呪術廻戦とひぐらしだけは見ている感じ。あとは冬クールに回しても許されるのでは……? 冬アニメ今ザクッと検索した感じでは週末ぐらいから始まる進撃とスケートリーディングと2.43と文ストわん! とホリミヤとオーフェンとって多いわ!

11月はずっとうみねこのなく頃にのコミカライズをマンガUPで読んでいた。Ep8までは定期更新分で読んでいたけど、Ep8は掲載終了1週間前に辿り着いたのとまとめ読みがしたいなと思ったので、課金して読んだ。ちょうどブラックフライデーセールでニコニコに登録したら余裕で読み終わる量のポイントが手に入った。

後は何してたんだ? インクをめっちゃ買ってロシャオヘイセンキにぐずぐずにされていた。マジLOVEキングダム以外でははじめて同じ映画を見に行ったのでは? 

藤川球児が引退をし、能見さんやドメさんが阪神を退団し日本シリーズは相変わらずホークスがかっさらう。

仕事は落ち着いた1カ月でした。でもやっぱり全国的にコロナがフィーバーしているので、いったん解除されていた遠征禁止令が再び出た。兵庫県がフィーバーしていなかったら神戸ペンショーに行ったのだけど高リスクのところには職業柄足を運びにくい。

我が県は世間と比べて随分落ち着いている感染非拡大地域であり1、長らくリアル及びフォロワ半径1クリック及び推しは無事だったけど、NEWSの小山さんと加藤シゲの人の感染が報告された。配信ライブを控えていて悔しさや無念な気持ちはあるだろうけどどうぞお大事に。後遺症なく早期に復帰されることをお祈りいたします。

半径1クリック圏内では実に平和な暮らしをしているが、半径2クリック先ではクラスター感染がぽぽぽぽーんしているので、東京や大阪へ行くのは夢のまた夢である。わたしの生活圏内では自分がクラスター感染への初発になる可能性も巻き込まれる可能性も大いにあるのだ。15周年延長宣言をしたGRANRODEOが2021年のツアーを発表したがおそらく行くことはできないんだろうなあ。配信という選択肢があることを祈る。

  1. でも感染対策優先で人体は保護されない仕事するには向かない環境で日々過ごしておりますが []

今月読んだ本は12冊(単行本8冊 文庫3冊 新書1冊)あと漫画沢山。

面白かった本

今月はなにをいうても凪良ゆう祭だった。庭もシャングリラもとてもよい物語だった。

10月もまあまあ死んでいたが、推し方面は充実していた。

想像以上に可愛い本ができあがりました colorful
推しが推しの話をした(GRANRODEO KISHOWが紅蓮の弓矢の話をしたよ) colorful

Arround15周年2週目とBDFF2 colorful
マモのスタジオライブの告知もあったし祝賀祭と配信の告知もあった。

今月は誕生月だったのでスマートスピーカー(Echo show)を買ったがいまいち使えていない。生活に彩を追懐したいのでミルを買った。
あとはすごい勢いでアニメを見ている。その中でもヒプアニはほとんど毎日何かしら見ている。BGVだ。それ以外に見ているのはダイの大冒険、呪術廻戦、安達としまむら、ハイキュー、ひぐらしのなく頃に業、よりぬき銀魂さん、あとタイムラインで話題だったので魔女の旅々を積んである。

9月読んだ本は6冊(単行本3冊 文庫3冊)

これ書いている今は10月25日なんだけど、9月からちょっとごたごたしはじめていて、今に至るまで死んでます。10月と合体エントリにするのはあまりにもちょっとあれなので今日は頑張る。伸ばし伸ばしにしていたものをするのは力がいるので、やっぱり定期的にするべきだと思う。

9月分面白かった本

1冊丸ごと死体埋め部の悔恨と青春のボーナストラック。これだけでも読めるけど悔恨と青春を読んでから読んでほしい。

これは単純に「こういう暮らしができたら楽しいだろうな」というエッセイだった。ルームシェア体験談としても面白かった。
オタク女子が4人で暮らしてみたら/藤谷千明 colorful

人の人気を読むの好きなので。

思い返したら9月結構濃いんだな。記録を残しておいてよかった。
ステッドラーうたプリコラボの件があった。
ステッドラー×うたの☆プリンスさまっ♪コラボ色鉛筆の件 l

ステッドラーコラボ水彩色鉛筆は2次受注で注文して来年4月下旬に到着する見込みらしい。遠い未来だ。たぶんサンホラの配信で叫びつくしたころに来るのだろ。

黒世界も見た。
ホテル遊びあるいはホテル療法のこと colorful
黒世界はぱくろみさんがものすごくすごかった。

星エコがサービス終了した。
星鳴エコーズのオフライン版提供がはじまりました。 colorful
星エコはサービス終了したけど、オフライン版の提供はあったけど、新規(絵柄自体は既存のものだが)グッズが出ている。

10月のまとめはもうちょっと早く書きますね。

今月読んだ本は7冊

今月の面白かった本

長らく積んでいた恋に至る病と最近の新刊のつないでがどえらい面白かったです。

「つないで」はそのうち感想エントリを書こうと思うんですが、ざっくりとあらすじを書く。
講演会で東京から広島に行くことになっていたが、当日は豪雨予報である。先方からは来てくれと言われている。実際行ってみたら現地は大雨特別警報が発令されるほどの災害になった。
このイエスかノーか半分かはテレビ業界の物語で、特にこの番外編はプロデューサーの話で、報道畑の人たちなわけで、緊迫した状態の中での間髪入れぬやりとりがすげーーー面白いんだわ。おもわず正座して読んだ。でもBLなので、多分読めない人は読めないから無理には薦めないんだけどわたしはすごく面白かった。この一押しのシーンは2編入りの後半の物語で、もうそこで満足してしまったので終盤のまぐわってるシーンはガッと飛ばしてしまった。
邪道な読み方をしているかもしれんが、私がBLを読んでるのはそもそも「人ひとりの感情に寄り添って展開する物語」を読みたくてここに辿り着いたから、別にエロいものを読みたいわけではなかったのだ。BLを読むというか「一穂ミチと凪良ゆう作品がその条件を満たしていた」という感じなので、BLだから読んでいるのではない読みたい作品がたまたまBLだったのだ、みたいな話である。ここにはそれがあった。

今年の8月は何をやっていたか分からない。阿波踊りがなかったから全然8月という気がしなかった。7月まで全国的に見ても下から数えたほうが早いぐらいのコロナ患者が今月だけで100人超えた。クラスターが4か所で出てどえらいことになっている。明日は我が身感がすごい。

ついカッとなってインクをどかどか買ったのが届いたりしている。

魔女の守人もアクタージュもタイムパラドクスゴーストライターも終わってしまった。藤川球児も今シーズンで引退する。あと今日は星鳴エコーズのメインストーリー最終更新があった。星エコも来月中旬にサービス終了する。オフライン版の提供があるとはいえ、紙の本が出るとはいえ、じわじわと「ああ、これも終わるんだなあ」という感じが出てきた。

あと今月体重4キロ痩せました。これがレコーディングダイエットかと思っています。(でも毎日体重計に乗ってるだけで別に食事内容を記録しているわけではない

今月読んだ本は15冊。(単行本12冊 新書2冊 文庫1冊)

今月の面白かった本

小説は今月宝石商リチャードの新刊のみだがそんなに少ない? と思うのは二度推しこと人生二度目の公爵令嬢は、男装して最推し婚約者の騎士になる!と星鳴エコーズ内の各種ストーリーを毎日何かしら読んでいたせいだと思う。

ここ1週間ぐらい県内のコロナウィルス感染状況がすごいことになっている。ずっと何事もなかったけど最近は毎日陽性が出ていて、単発で終わっていたのが最近は濃厚接触者で感染が確認されていたりして、最近のウィルスは感染させやすいような変化が起こっているのだろうかという感じだ。

昨日GRANRODEOの無料配信ライブ「たかが15年」があった。3月に開催中止になった15周年スタートアップライブになるはずだったやつだ。
デビューしてから今年まで人気投票で各年No1に選ばれた曲で構成されたセットリストで、ライブ映えする激しい曲が中心に選ばれていた。NO PLACE LIKE A STAGE→Beat it,Love→ROSE-HIP BULLETという熱さ。このライブは今アーカイブになっていて8/12まで公開されている。

わたしはYWFがきたとき、部屋を移動してめっちゃぶちあがっていた。わたしとしては現場と同じように腕を振っていたつもりだけど遅いし、何より肩がギシギシ鳴っていた。人間の肩関節があんなにも機械のようなきしむ音をだせるものなのかと驚いた。1曲終わった後は妙に体がぽかぽかしていた。
コロナが収まって現場が再開してもすぐに動けるようにオタクは上肢の回旋運動と下半身を鍛えたほうがいいと思った。

現場は秋開催だったAimerのアコースティックライブが中止になって、そろそろ払い戻しをしなければならない。東京ドーム無観客配信になるはずだった刀剣乱舞大演練も中止になって、中の人単位のZOOMトークイベントはあるそうで、でも正直なところわたしは役を完全に離れたひとたちにはあまり興味がない、というか顔が全然わからない。分かるのは見る機会が多かった荒牧氏ぐらいではなかろうか。わたし向けのイベントではないので、スルーすることにした。

Sound Horizon Around 15th Anniversary Re:Master Productionをちまちま聞いている。久しぶりにイベリア中毒を起こしている。楽天のポイントががっつりあったのでちょっといいイヤホンを買った。

フィギュア界隈ではしょまくんがスマブラのすごい人として世界から認知され始めている。今日youtube公式チャンネルを作ったようだった(まだ見てない)
ゆは菜ちゃんの今季プロはRADでデカは続投。そして露女周りが騒がしい。トゥルソワ先輩のプルシェンコんとこへの移籍もびっくりしたが、今朝はコストルナヤもプルシェンコのところへ移籍が発表された。

あとなー今星鳴エコーズが最高すぎて先日Pixivに1作叩きつけてきたところなんだけど、昨日(7/31)9月でサービス終了が発表された。でも思ったよりショックではないのはメインストーリーは端折られることなく完走すること、オフライン版が提供されること、紙の本が発売されること。

誰にとっても我慢や変化を強いられた上半期だったな。

現場

上半期の現場は「舞台『刀剣乱舞』維伝 朧の志士たち」(ライビュ)とヒプマイのアベマ特番(配信)だけで現地に入る現場は去年11月のAimerが最後で、開催されると仮定して今手持ちのチケットもまたAimerのアコースティックライブです。

仕事

テレワーク、休業、持続化給付金と叫ばれていたけど、弊社はどう転んでも在宅勤務になったりしない業種で、仕事は普通にあるので普通に出勤してました。普通に仕事はあるけど、制限や不便や不自由は多くあるので、「仕事があるだけマシ」っていう感じかなーっていう状態です。

面白かったドラマ

・スカーレット
・テセウスの船
・エール
・特捜9
・HiGH&LOW THE STORY OF SWORD season1

いうてエールと特捜9は絶賛放送中(※エールはコロナの影響で6月27日をもって休止中)
スカーレットは演者の絶妙に繊細な演技が素晴らしかった。朝ドラは終わりになるにつれヒロインの周りには人で溢れていくものだが喜美子の周りからは減っていった。半径2クリックにはいるけどごく近くには誰もおらず一人暮らしだったのが新鮮で、エールは初めての男主人公のせいか周辺人物にもスポットが当たりやすく、東京局制作にしては面白くみている。

ハイローはザワでデビューしてたけどこういう機会でもなければ(あとHiGH&LOW the MOVIEが無料配信されていてそれをきっかけにもっと物語の解像度をあげたいと思わなければ)見なかったと思う。

面白かった本

いわゆる強めの自粛期間にやっていたこと

強めと表記するのは、全国的に緊急事態宣言が発令されていたあたりで、県をまたいだ移動もどうぞご自由にと言われた今も大阪神戸方面へお出かけするのは諸事情により憚られている。現在もゆるい自粛期間が続いている。

いうて2月3月は母が入院していたので家ではめちゃくちゃ自由にしていたので、Discordでがんがんボイスチャットしてたしツイキャスも喋る側としてやってた。なんなら晩ご飯を食べたうえで帰りに半額の刺身を買って大人のバリューセットをやっていた。毎日が宴会だったが体重はびっくりするほど増えなかったな。

体調面

ちなみに体調について書くと、もともと下降傾向にあったにしろ母の退院を見届けるとともにあらゆる面が「もう退院したし頑張ったからもうええやろ」とばかりにごっと悪化した。気を張っていたというのがあるんだろうな。いやほんまよう頑張ったねあのさなかで。
体調面から本気のレッドカードを出されたので突然の2連休が降って湧いたりして、その後タイミングよく刀ステ一挙配信とかあったので毎日静脈注射みたいな状態でなんとか生き返りました。もうちょっとでまた社会から退場するところだった。危ないところだった。

訃報

志村けんやクリスリードなど嘘やろという人たちがこの世を去りました。
あらゆる現場が死に、県内の経済を担っている阿波踊りが死にお隣ではよさこいも死に、花火大会も死に続けている。死の夏がやってくる。

最近の楽しみ

その中で最近の楽しみは栗原ちひろさんのオンライン(小説家になろう)作品の人生二度目の公爵令嬢は、男装して最推し婚約者の騎士になる!で、ちょうどいい感じにわたしが勤務開始のちょっと前に公開されるので、これを読んでめっちゃ笑って仕事するっていう毎日です(毎日更新なんだわこれ)

最近の推せるマンガ

タイムラインに流れてきた#漫画メダリスト が面白いlっていうエントリを書くぐらい面白くて、講談社雑誌サブスクにお試し登録するぐらいには面白くて、そこで出会ったワンダンスがめっちゃ面白くてさくさくと電書で続きが読める環境なのが最高。
いやわたしは自分の目が死ぬまではジャンプは紙で買い続ける覚悟だけどもこう、さくっと続きが読める環境が用意されているのはありがたいよなと思います。
ジャンプの最近の新連載も面白くて、「タイムパラドクスゴーストライター」「破壊神マグちゃん」「灼熱のニライカナイ」「アンデッドアンラック」などのコミックス未発売orまだ1巻だけ組がよいです。魔女の守人の続き読みたさに買った63円切手はこの辺のために使おうと思います。魔女の守人は連載終了しました。

買ってよかったもの

あと上半期買ってよかったとしてあげるべきなのはパナソニック-頭皮エステ-サロンタッチタイプです。

twitterで話題の頭皮エステを買ったレポ ? colorful

説明上Amazonにリンク貼ってますが、12000円前後で買えるほかのところを探した方がいいと思います。これはお風呂が楽しくなるアイテムです。デスクワークで疲弊する方々に給付金でどうですかっていうやつ。

下半期の展望

リアルイベントをするはずだったTONO&LIMS(万年筆インクの製造元)のイベントがオンラインで行われることになり、文房具店とかガラス工房とかがインスタグラムでライブ配信をしていたのでめっちゃ見たし、インクめっちゃ買った。春に続き夏もオンラインで開催とのことなので、いっぱい買いたい。文具女子博も7月にある。
夏以降がどうなるのかはさーーーーっぱりわからん。

そんな感じで上半期まとめをしめまーす。

今月読んだ本は18冊
単行本 15冊 文庫 3冊

今月の面白かった本

Amazletとその後継だったサービスが死んだのでサムネイルの表示を変えざるを得なくなった。

さて5月である。暗黒の5月である。
端的に言うとつぶれた。
猛烈な体の痛みがあり、出勤できなくもなかったがこれで出勤したら2年前の二の舞だなあと思ったので休むことにした。2ヶ月社会的に死ぬことを考えたら1日ぐらいなんてことはない。発熱みたいな分かりやすい尺度がないのでこれに関しては自分で自分の調子をうかがっていくしかない。2年前は同僚氏の圧メールによる無駄な責任感と無理やり出勤が引き金となったので知らん知らん俺は俺の体が大事と言い聞かせて休みにした(実際無理をしないと動けない状態だった)
幸い今は出勤できる程度に回復している。というか刀ステの一挙無料配信があったから生き延びたんだろうなと思う。
刀ステは外伝以外は円盤を買っているので「いつでも見られる状態」であるが、いつでもみられるというのはつまり優先度的に低い。というか今回のような機会がなければおそらく悲伝は見なかっただろう。悲伝はハイカロリーすぎるので配信終了後寝られなかったし翌日もまあまあのぐったり感だった。フォアグラのような1週間だった。エンタメ濃度が薄まった体にひりつく濃度のエンタメをぶち込まれて蘇生である。
あと今月は国が動いたので。祖国が動いたので。屏風と羽ペン買います。

あと今月はとのりむ主催の宇宙遊泳(オフラインイベントができなかったのでインスタライブ)を満喫した。万年筆のインクを1万円分ちょっと買った。ガラスペン2本とカリグラフィ用の万年筆を買った。それでもあまりの疲労感と心身の削れ具合なのかゴールデンウィークを過ぎて少し経つと紙の日記は1行ぐらいしか書いてないことが多く、逆に死んでる気配がひしひしとあった。

職場用のバレットジャーナルが回ってないときはまじでTODOも進捗も死んでる。終わらない地獄はまだ抜けていない。

PAGE TOP