起きたらTARAKOさんの訃報が目に入った。早すぎるだろう。友達と鳥山さんは外傷だろうねという話をしていたが、TARAKOさんは闘病をされていて、先週もアフレコに来られていたとのこと。友達は最近自分の健康を見つめなおしているので、ちゃんと健康になれさもなくば余命20年やぞと言った。
そのニュースは布団の中で読んでいて、いざ朝ごはんしにいこうと思って立ち上がったら猛烈なめまいもしくは立ち眩み。そして生まれたての子牛のような足ががくがくする感じ。両手に支持物がなければ98%転倒していた。危なかった。

昨日時点で今日はなにもしないをしようと思ったので、掃除せず、事務的な作業もせず。開館頃を見計らって図書館へ。
2024/3/8 - ラッコの海水浴
この記事を探しに行った。
お察しの方もいるだろうがわたしはまあまあいいお年で、同級生では早くに子どもを産んだ人は去年子どもが成人式だったし、あとはまあ小学生中学生の子どもがいても普通の年齢だ。
我が家はまあ結婚に失敗した(とカーチャンはよく言っていた)部類で、結婚には期待は持てない家だった。母方の親戚は「おまはんところはええ人はおらんので(恋人はいないのか)」とカーチャンに聞くことはあった1が、カーチャンは結婚しろとも実家を出ろとも言わなかった。カーチャンが最初に入院したのはわたしが22歳の時で、わたしが20代のうちには若干介護が必要になったりなんだりした。そう思えばわたしの介護は長かったな。無職の時期もあったし低賃金非正規雇用が長かったので、単純に実家を出るには資金が足りなかったともいえる。
前職は大所帯で20代が多く、国家資格職で収入が安定しているので結婚する人親になる人離婚する人は年間10人以上いたが特に焦ることはなかった。わたしはそのころには「わたしこれ結婚せんな?」と思っていて、推しのライブが優先で、この人生大丈夫か?と思ってひとりで生きていくための資産形成をはじめたのも前職時代である。
10代の頃は漠然と27ぐらいで結婚して出産するのかなと思っていたけど、結婚しないなと思ったのはその出産すると思っていた20代半ばのことで、友達の車でどっかに行っていたころ「鳩ちゃんは結婚せんの?」と聞かれたことはあって、「ないなあ。そら生活を共にする人はいてもいいと思うけど、別に男である必要性は感じない」とかなんかそんなことを言っていた気がする。
だから絵馬に願ひをの「恋では花は散らせない」でハセガワダイスケさんが演じるサイコパススーツこと月人が

 《無恋愛者(アロマンティック)》
姫子 君の苦悩には何処かの誰かが 名前をつけて 分類した
決して君は独りじゃ...ない... のさ...

と歌いだした時にはたいそう笑いました(その時にはすでにアロマンティックとかアセクシャルという概念は知っていた)

こう書くとわたしはLGBTのような気がするけど、単純に「他人と生活を共にできる気がしない」からです。

一番わかりやすいところでは御手洗直子さんは結婚の理想である。

でもコミックエッセイだしマイルドに書かれているところもあるんだろうなあと思っている。

それ以外だと藤谷千明さんの以下の本だ。

created by Rinker
¥1,430 (2024/04/17 07:54:41時点 楽天市場調べ-詳細)

これぐらい経済観念や衛生観念が似ている人と、このぐらいの距離感で他人とお付き合いができるといいなあと思っている。あと好ましいと思うコミックエッセイは「この生活はいつか終わると思う」と書いているところ。同居している相手が他人なので。
今のわたしといえば兄と同居なので、どっちかが死ぬか転居するまでのハウスシェアです。いやでもさー、わたしもうちょっと若い時はカーチャンと遠方の急性期病院同行で、「わたしが大病院に来るときは誰とくるんだろう、ひとりで病気の告知を受けるんだろうか」と思っていたけど、いまのわたしは「手続きくそめんどくさいと思うわたしの相続を、手続きがクソ苦手な兄にさせるわけにはいかないので、何が何でも長生きしないといけない」と思っていますよ。

あと最近見てびっくりしたのは、例えば同性で、きのう何食べた? みたいに恋愛感情を前提としてルームシェアをしている2人がいるとするじゃないですか。災害時片割れが生きているかどうかとかも教えてくれない自治体が県内で結構多いのがびっくりしました。
わたしは別に結婚する気ないしLGBTである自覚もないしLGBTの方々に対して特に思うこともないけど、婚姻届けを出している人と同じ権利が与えられたらいいなとは思いますよ。どうせわたしは損も得もしないし。

  1. ちなみに今は「もうちょっと高いところに家に引っ越しせんのか」と聞く。地震のことをものすごく心配している []

PR誌astaに掲載されていた「思い出に残るあの店」を語るエッセイ。お店情報もあり文字で読むワカコ酒みたいな本だ。

アンソロジー形式で寄稿(といえばいいのか参加といえばいいのか)されているのは三浦しをん、西加奈子、森見登美彦、宇垣美里、山田ルイ53世、はるな檸檬、バービー、塩谷舞といろんな分野で活躍されている方々だ。

髭男爵の片割れ、山田ルイ53世さんがあの芸風で実は人見知りで「個人を認識された瞬間に店から足が遠のく」タイプなのは意外で、親近感が湧いた。

内容はランチ・ディナー・スイーツ。お店はほぼ都内だが、若干九州が含まれている。
◎作家一覧(掲載順) 三浦しをん、西加奈子、中江有里、美村里江、宇垣美里、清水由美、山田ルイ53世、塩谷舞、稲垣えみ子、道尾秀介、ジェーン・スー、岡崎琢磨、バービー、朝井リョウ、瀬尾まいこ、佐藤雫、清水ミチコ、あさのますみ、畠中恵、はるな檸檬、小川糸、久住昌之、川内有緒、澤村伊智、朱野帰子、最相葉月、藤岡陽子、森見登美彦

鳥山明がお亡くなりになっていたことを知る。亡くなったというよりこの世界が鳥山明がいない世界に変わったといっていい。
言うまでもないことだが私世代にとって鳥山明が描いたものは土台であり基礎だ。基礎教養ではない。基礎だ。
同世代でドラゴンボールもアラレちゃんもドラクエも一切触らず今まで生きてきたという人がいれば、それはよほど親御さんが厳しかったか、もっと楽しく魅力的なものがそばにあった人だ。かめはめ波を打ったことないとかキーンといいながら走ったことない人はなかなかおらんやろ。
キャラクターデザインという概念がなかった10代のわたしはクロノトリガーのルッカめっちゃアラレちゃんやんといっていた覚えがある。兄と喧嘩した日はぎゃんぎゃん泣きながら本棚に並んでいたドラゴンボールの単行本を投げつけていた。
死因が急性硬膜下血腫ということで、転倒転落でもあったのかなあ打ちどころが悪かったのかなあ、見つけられた方はさぞやびっくりされただろう。なんせまだ死ぬような年ではないから。

そして今日はアカデミー賞がある。菅田将暉が金髪だ。グラスハートで真崎桐哉を演じる菅田将暉が金髪だ。桐哉は黒髪のはずだが。これに向かってトウヤアアアというのか。あり寄りのありだが、いやでもちょっと待ってほしいといっていたけど

マヒロがいいって言ってるならいいか……と妖怪ムビチケ配りととともに着席しました。

「売れる本屋」のコツ教えます 経産省が専門チーム設置へ | 毎日新聞

とりあえずカフェ併設の書店はいらんと思う。まあこのカフェが「会計がお済ではない商品の持ち込みはご遠慮ください」と書かれているやつはありあり。会計未了の本を持ち込んで飲食OKとかなしやん。コーヒーこぼして汚しても何食わぬ顔で返す人絶対おるやん。
本が売れないから書店がつぶれるのに、どうして図書カードを配って本を買おうプロジェクトをしようとしないのか、というツイートがRTされてきてたんだけど、書店やそういう行政のプロジェクトチームでの勤務経験がないわたしでもそれはないだろうなというのは分かる。
まず図書カードを売って換金する輩は必ず出る。
かといって市町村内の書店でのみ使える金券を配布したとして、町村ではすでに書店が絶滅している地域は必ずある。離島や僻地、あと北海道の一部地域ではそもそも利用に難があるのではないか? ちなみにわたしが住んでいる地域半径3キロでは30年ほど前に専業本屋が絶滅しました。今ある本屋もけっして品ぞろえがいいわけではないので、宝探しには向いてない……。
だからわたしは都会の本屋へ行くと「さっきまで這う這うの体で歩いてたのに本屋に入ったとたん歩くスピードが2倍速」と友達にいわしめた女。

そもそもわたしは物心つく前から本を読んでいた1ので、本を読むのは当たり前のことでとっつきにくさもなければ何を読めばいいかわからないという感覚もわからない。「面白い本を見つけたいなら本屋に行って歩けばいい。魅力ある本がきっとある」っていうのは本読みの感覚なんでは? と思う。
たくさんありすぎて逆に何を買ったらいいかわからないかもしれないし、わたしに向いている本は? って思うのは当然だ。
わたしがあほみたいに本を読んでた10代20代の頃は「ここだけチェックしていればいい」という場所は狭かったし、面白い本もクソみたいな本も読む時間があって、おこずかいは多くなかったし、給料も安かったけど本も安かったからいっぱい買って読んだ。

わたしがドラッグストアやコスメ本であまりの種類の多さに呆然として、パーソナルカラー診断を受けて「これはわたしには合わないらしい」「これは当たるらしい」という購入に対する判断基準が欲しいと思うから、そういう人がいても当然なんではと思う。
そういう人のためにわたしはこのサイトをやっているところはある。あの鳩が褒めてるなら読んでもいいんじゃないかと思われたら本望じゃんねえ。
もう何年も本屋をゆっくり回ることはできてなかったけど、最近はコンスタントに行けててまだ本を読むには至ってないけど楽しい。やるぞー。

  1. なんか英語の辞書を読んでいたらしいです []

今後県とマチアソビ関係で何かしらあるとしたら3/11の県議会最終日

3/7徳島新聞朝刊
記事の大きさは地方欄の1/4を占めており、見出しが大きい分単純に面積としたら昨日と同等かやや上回るサイズ。

マチ★アソビ存続へ 次回秋以降 実行委と県合意

マチアソビを存続させることで合意。村上政策監補は混乱を招いたことを謝罪し「これまでのようなマチアソビを残していきたい」と語る。ただ次回開催は早くても秋となる可能性が高く、春は別のアニメイベントになりそうだ。
(既報では地元有志によるコスプレイベントが東新町界隈で開催調整中)
春のマチアソビに関して
県、村上氏「アニメイベントが開催できるよう準備を進めたい」
アニメまつり実行委員長とともに同席した、サブカルにも強い弁護士桶田氏
「(準備の関係で)たぶん難しい」
「ものすごく幸運にすべてがうまく運べば秋からの再開を目指すことになる」
(村上氏は今年5月下旬に着任された方で、桶田氏はマチアソビ登壇経験もある方で、どちらが実態をより知っているかは火を見るより明らかではないかと思われる)

将来の形不透明感拭えず

解説
6日の実行委員会は県が不手際を(記事中にはないが、会長はぷちアソビでの平手打ちの件を再度)謝罪して和解の現場になった。ただどのように存続させるかは話し合われず不透明感は拭えない。後藤田知事の公金減額→民間主導の方向性は理解できるが、準備不足での着手は混乱に拍車をかけるだけ
9000万計上の事業はどんな事業になるか聞いても同じことを繰り返すだけで具体的には決まってない様子。

今日は四国放送・NHK徳島放送局・徳島新聞と徳島県内3大メディアがトップでマチアソビの現状と今後について報じた。

徳島新聞朝刊。まさかの1面ぶちぬいた。記事の大きさはA5ノート見開き相当。なのでほぼA4。1面のほかの記事は進まない津波対策とコロナ公費支援終了のニュース。

マチ★アソビ見直し方針 県の迷走浮き彫り 唐突な開催見送り反発招く
(以上3つが独立した見出し)

内容はマチアソビのイベントについて、これまでの県議会の様子、「同規模以上の経済効果を生む代替案もないのに中止はおかしい」というTwitterでの反発、県は迷走している。
6日午後、県庁で会合を開き、県が打ち出したマチ★アソビの見直し方について協議する。
4日にぎわいづくり課が発表
同課担当者は「みなさんの忌憚のない意見をもらう場としたい」とした。会合は報道陣に公開される

ちなみにこの会合の様子と囲み取材を徳島新聞社がyoutubeで公開中。

ちなみに今回からの新しい登場人物である桶田大介弁護士はブシロードの社外取締役もされている、サブカルに非常に強そうな方。

県側の村上耕司 政策監補は内閣府出身の後藤田知事の補佐役。

徳島:「政策監補」 内閣府から村上氏
2023/05/20 05:00
県は19日、課長補佐級以上計560人の人事異動を内示した。発令は6月1日付。県政運営全般に関して後藤田知事の補佐役となる「政策監補」に、内閣府男女共同参画推進官の村上耕司氏を起用。重要施策を推進するため、「理事」のポストを復活させる。(坂下結子)(略)
政策監補の内閣府からの着任は初といい、後藤田知事は19日の記者会見で、「全体を 俯瞰 し、国との総合調整役も果たしてもらう」と狙いを語った。
徳島:「政策監補」 内閣府から村上氏:地域ニュース : 読売新聞

以下フォーカス徳島(四国放送)

開催方法の見直しに乗り出しているマチ★アソビは今後どうなるのか 実行委員会開催【徳島】

徳島県が開催方法の見直しに乗り出しているアニメイベントマチ★アソビについて6日、徳島県庁でイベントを主催してきたアニメまつり実行委員会が開催されました。

県外から多くのアニメファンを呼び込んできたこのイベント、どうなっていくのでしょうか。

徳島県庁で開かれたアニメまつり実行委員会には、商店街や経済界などの関係者らで組織する委員ら7人が出席しました。

委員会の富永純子会長は開催方法を巡って、県側との話し合いがうまくいかなかった中で今年2月アスティとくしまで開催されたイベントの会場で県の職員に対し、平手打ちをし、その場で謝罪していました。

この一件について、富永会長の文書を代理人弁護士が読み上げる形で会議の冒頭に陳謝しました。

(富永純子会長の代理人 桶田大介 弁護士)
「私自身の軽はずみな行動で、県職員にご迷惑をお掛けしました。職員はもちろん多くの皆様にご心配とご迷惑をおかけしたことについて、心よりお詫び申し上げます」

これに対し、県側の村上耕司政策監補が開催方法の見直しについて、議会での新年度予算案が審議中だった影響で十分な説明が出来ていなかった事情を説明した上で、次のように述べました。

(村上耕司 政策監補)
「特殊事情があることを委員の皆さまに丁寧に説明することが出来ておらず、県への不信感を抱かせまして、お互いにボタンをかけ違ったアニメファンの方々をはじめ、多くのみなさま方にご心配をおかけするなど、混乱の招く事態となってしまい誠に申し訳なく思っている」

会議では、今後のマチアソビを含めた新年度の事業について県側から説明がありました。

(村上耕司 政策監補)
「様々なイベントを組み合わせて、これまでのような尖ったマチアソビ魅力的なイベントの良さはしっかりと残していきたい」

このように述べ、マチアソビについては何らかの形で今後も開催していきたいという考えを示しました。

(小喜多雅明記者)
「春のイベントについてはどうなるのか?」

(村上耕司 政策監補)
「アニメイベントについて、民間主導で春からできるような準備を進めたいと考えている。従来のマチアソビというコンセプトにマッチした形でアニメイベントが出来るかについては、どうかは今後関係者としっかり議論していく必要があると思っている」

(小喜多雅明記者)
「マチアソビは今後どうなる?」

(富永純子会長の代理人 桶田大介 弁護士)
「多くの方々が業界の内外で楽しみにされていることを承知しているので、何とか良い形でもう一度続いていってほしいし。そうなっていく可能性はあるんじゃないかなと思ってます」

■今後のイベントの開催は

(森本真司アナウンサー)
取材している小喜多記者です。

今後の開催がどうなるのか注目が集まっていたマチアソビですが、存続の方向ということでいいのでしょうか?

(小喜多雅明記者)
なんとか存続の方向に向かっているのではと思います。

後藤田正純徳島県知事は、県内に様々なイベントがある中でマチアソビという一つのイベントに多額の公金が使われていることに疑問を呈し、開催方法の見直しを明言していました。
しかし、14年にわたって継続し全国的にも注目されるようになったマチアソビの行方についてファンを中心に心配する声が多くあがりました。

(森本真司アナウンサー)
このマチアソビですが、今後はどういう方向に進んでいくのでしょうか?

(小喜多雅明記者)
県はこの春の開催については、地元有志らによるコスプレイベントを中心にアニメイベントを実施し、そして新年度内にマチアソビを実施したい考えです。

その際には、県からの公金のみに頼らない、資金集めなども検討してもらう方針です。

(森本真司アナウンサー)
今回の一連の動きをどう見ていますか?

(小喜多雅明記者)
このマチアソビには、毎年およそ8千万円の公金が長年つぎ込まれてきました。この金額が高いか安いかはそれぞれの価値観ですが、大きな金額ではあります。これから先もずっとこの8千万円という公金を出し続けるのには、人口減少する徳島県においては無理があるのも現実です。本来ならば、早い段階で公金に依存しすぎないイベントの枠組みに移行すべきでした。そういう意味では、これまで公金を出し続けた県のマチアソビに対する関りには反省すべき点が多いと思います。

以下はNHK NEWSWEBより。

「マチ★アソビ」ことし春の開催に向け 県と実行員会が協議

 

アニメやゲームをテーマに徳島市中心部で開かれている「マチ★アソビ」について実行委員会で意見が交わされ、ことし春の開催に向けて引き続き協議していくことを申し合わせました。

徳島市で春と秋に開かれている「マチ★アソビ」について県は、新年度から負担金のあり方など開催方法を大幅に見直すことにしていて、後藤田知事はことしの春は、民間主導での開催を求める考えを示しています。

6日は県庁で、「マチ★アソビ」の実行委員会の会合が開かれ富永純子会長や県の担当者らが意見を交わしました。

はじめに会長の代理人を務める桶田大介弁護士が「運営を巡る不透明な状況が続き県とのコミュニケーションが不足していたが、議論をしながら日本や世界から人々が訪れるイベントを目指したい」と述べました。

これに対して、徳島県の村上耕司政策監補は「事業について十分に説明できずお互いにボタンを掛け違えていた部分があった。県議会での議論を踏まえて引き続き、新年度の開催を含めて協力をお願いしたい」と応えていました。

新年度の開催に向けて県と実行委員会が話し合うのは今回が初めてで、ことし春に向けてどのような形でイベントを開くのかなど引き続き協議していくことを申し合わせました。

桶田大介弁護士は「多くの人々で成り立っているイベントなので、なんとかよい形で続いてほしいし、可能性はあるのではないかと思う」と話していました。

【「マチ★アソビ」とは】
「マチ★アソビ」は、アニメやゲームをテーマに、2009年から県などの実行委員会が春と秋に開いてきました。

アニメの声優によるライブや、コスプレのイベントが行われ、徳島市中心部は大勢のファンでにぎわってきました。

【商店街でこの春の開催を待ち望む声】
「マチ★アソビ」について会場近くにある徳島市中心部の商店街ではこの春の開催を待ち望む声が聞かれました。

JR徳島駅の西側の「ポッポ街商店街」は「マチ★アソビ」の開催当初から空き店舗をコスプレの着替えの場所として提供し、イベントを後押ししてきました。

ポッポ街商店街振興組合の杉原正伸理事長は「アニメイベントは飲食店などへの経済効果だけでなく、徳島の文化として根づき、全国から認知されている。みなさんが楽しめるイベントとして続けられるようにしてほしい」と話していました。

商店街に訪れていた高校3年生の女子生徒は「コスプレをする人が楽しみにしているうえ地域も盛り上がるので開催してほしい」と話していました。

また、同じく会場近くにある東新町商店街に訪れていた40代の男性は「商店街なのに人通りがまったくないので県外から人を呼ぶためにもイベントの開催は必要ではないか」と話していました。
徳島のニュース

「マチ★アソビ」ことし春の開催に向け 県と実行員会が協議|NHK 徳島県のニュース

NHKはとく6とくしまに続きニュース845でもマチアソビの件でも報じた。

カラオケ行こ!の直の続編たる「ファミレス行こ(上)」の続きを読めるコミックビームを読みました。
【電子版】月刊コミックビーム 2024年3月号

・はとはこんらんしている
・それは恋だ
・どういうこと?
・律儀か
・これも映画にしよう
・つまりどういうことなんだってばよ

友達こと身代金支払い型妖怪の口車に乗った友達は「騙されてはないがハメられた」といっていた。頭を抱える。

3/5徳島新聞朝刊

マチ★アソビ 県が見直し方針 実行委、あす協議

6日午後、県庁で会合を開き、県が打ち出したマチ★アソビの見直し方について協議する。
4日にぎわいづくり課が発表
同課担当者は「みなさんの忌憚のない意見をもらう場としたい」とした。会合は報道陣に公開される

以下報道ではない

 3日、徳島県・とくぎんトモニホールにて『徳島税理士PRO(R)音瀬泰彦税理士事務所Presents GAINA25周年記念みちのくプロレス徳島大会』が開催。新崎人生が阿波とくしま観光大使に就任した。

 新崎人生は、徳島県出身のプロレスラー。かねてよりお遍路の装束で故郷の原風景をアピールしているほか、『眉山』など自らの技の名前に徳島の地名を充てたり、東北地方で『徳島ラーメン人生』を経営したりと徳島県のPRに貢献してきた。

上記イベントで後藤田知事がプロレスの会場でなぜか「マチアソビはお金を使いすぎだ」とスピーチをしたと言われる事案。


木谷高明氏はマチアソビにたびたび出展されている株式会社ブシロードの代表取締役社長兼CEOで、プロレス団体「新日本プロレスリング」「スターダム」のオーナーでもある。

なぜ私は、新日本プロレスを買ったのか? 木谷高明・新日本プロレス会長を直撃(その1) | グローバルエリートは見た! | 東洋経済オンライン

カラオケ行こ! の時の妖怪ムビチケ配りが進化した。妖怪ムビチケ配りから身代金支払い型妖怪に進化した。世界を混乱に陥れているのは「身代金要求型ウィルス」で友達は「身代金支払い型」である。わたしがファミレス行こ! を読み終わったことを確認するや否や「いくら送金したらコミックビームを読んでくれますか」と来た。「おまえは何を言ってるんだ」とまずリプライし、その後例の画像が行った。
・上巻引きやばかったでしょ
・続きがこれで読めます
・とてもやばい
・ここは沼の底だ
・早くここまで来てほしい。
・5月までに読んでほしい。
「電子ある?」って聞いたらこれですってブックウォーカーが差し出されたので、kindleで買うわというと2回ぐらい「アマギフ送る?」「いる?」って聞かれた。ヤクの売人である。
ちなみに普通に買いました。今なら期間限定キャンペーンなのかポイントマシマシだった。

腰が痛くてよろよろしながら出勤した。今日はかがむのもなかなか難易度が長く、塗り薬を持参で行った。

君が心をくれたからを見ました。千秋さんと太陽くん一家のための1時間だった。山田裕貴いい役者やぞ。

以下本日のフォーカス徳島

今春の「マチ★アソビ」は未定も地元有志らが「コスプレイベント」開催へ動き出す【徳島】

徳島市中心部で、毎年春と秋に開催されてきた「マチ★アソビ」を巡っては、多額の徳島県の予算が支出されているとして、県がほかのイベントとの公平性などの観点から「民間主導の運営への移行」など、開催方法の見直しを呼びかけています。

これに対し、これまでの「マチ★アソビ」の中でコスプレイベントを担当してきたメンバーや、まちのにぎわいを支援する人たちが中心となって、この春、徳島市の東新町商店街などでコスプレイベントを開催しようという動きが出てきています。

(まちのにぎわいを支援している久野淑子さん)
「『マチ★アソビ』というか、アニメイベントは徳島にとっても人をたくさん呼び込めるイベントなので、このまま継続というか、新しい形で続けて行きたいと思う」

(まちのにぎわいを支援している野田雅之さん)
「『マチ★アソビ』は2009年からあるイベントなので、これを今後も残していきたいと思っている」

(まちのにぎわいを支援している久野淑子さん)
「コスプレイヤーを呼んで開催するにあたって、この商店街の方々の協力を得て、みんなで開催出来ればと思う」

現在、久野さんらはコスプレイベントについて、例年通りゴールデンウイークごろの開催を目指したいとして、商店街関係者との調整を行っています。
また、これまで「マチ★アソビ」を主催してきたアニメまつり実行委員会は、3月6日に県庁で開催されることとなり、事務局である県では、今後の開催方法について話し合うとしています。

PAGE TOP